加藤紗里が心境の変化明かす「大事なものの優先順位が変わった。今まで“殿方、殿方”だったのが、この子が1番になった」(20/01/24)

 「シングルマザーとして育てていくしかない。やっぱり強い加藤紗里でいたい。YouTuberとしても仕事も子どものために頑張っていこうと思う」。自身のYouTubeチャンネルで、妊娠22週目であることを発表した“炎上クイーン”加藤紗里。去年9月、7歳年上の不動産会社経営の男性と結婚するも1週間で別居、それから3カ月あまりで離婚したことを明かしたばかり。


 24日のAbemaTV『AbemaPrime』に出演した加藤は、「妊娠したのは想定外だったが、ママになりたい願望はあったので嬉しかった。ただ、やはり離婚したばかりだったので、父親がいないということについては子どもに対する罪悪感もある。寝る前には毎日子どもの名前などを検索している。キラキラネームがついた子は不幸になるというデータがあるということで、キラキラネーム以外で考えている。一応、紗里の“里”を入れたいが、それも親のエゴだという意見もあるのですごく悩んでいる」と告白。


 その元夫については、これまで「1億円以上使わせたのね。そうしたら向こうがちょっと傾いちゃって経営」「でもね、そんなんで傾く男いらないでしょ?だから興味ないなと思って離婚した」と発言しているが、「“お金、お金”という考え方は変わっていなし、幸せはお金で買えると思っている。ただ、この子はお金で買えない。人生で初めてお金で買えないものを手に入れたと思う。だから元旦那に対しては“ありがとう”と言いたい。そして、大事なものの優先順位が変わった。今まで“殿方、殿方”だったのが、この子が1番になった。毎晩この子のことを考えている。これからのことも、すごく考えるようになった」と気持ちに変化が生まれていることも示唆した。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア