「報道陣が感染を広げたという結果にもつながる」帰国者取材は必要だったのか? 新型コロナウイルス(20/01/29)

 「ネットを中心に(報道が)非常に加熱していることの影響を一番不安に思っている」。きのう武漢市から帰国した日本人の男性は、報道陣の取材に対してそう答えた。一方、この囲み会見に対しては疑問の声も上がっている。


  29日のAbemaTV『AbemaPrime』に出演した医療ジャーナリストの吉澤恵理氏は「会見を見て、正直びっくりした。感染の可能性はゼロではない中で、適切な取材だったか疑問だ。報道陣の方たちの健康面も危険に晒しているわけで、万が一感染すれば、報道陣が広げてしまったという結果にもつながる。その意味で無防備だったのではないか」と指摘。「帰ってきた方に話を聞くのは必要だとしても、SNSや電話取材といった間接的な方法を取るのが望ましい」と話す。これについてはナビタスクリニック理事長の久住英二医師も賛同、「感染症のコントロールにおいて、不要な接触を避けることは非常に重要。対面しなければ得られない情報というのは無かったと思うし、やはり避けるべきであったと考える。対面取材がデフォルトになっているのかもしれないが、そうした考えを改めて頂ければ」と注文を付けた。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア