首都圏では野球・サッカーNG!禁止事項の増える街の公園、あなたはどう思う?(20/01/29)

 「野球のボール投げるのが危ない」「声がうるさい」子どもたちの遊び場だった公園に注がれる住民の視線が厳しさを増している。


 国営公園や運動公園などの大規模なものも含め、国内に10万カ所以上ある公園。それを管理するのが都市公園法だが、従来、児童公園と呼んでいた小規模公園は1994年の改正で街区公園へと名称が変更された結果、制限が増えたのだという。


 「公園のチカラLAB」の光岡太郎氏は「日本の公園は都市計画法という法律で管理されていて、公共施設の一つとして、地域のニーズに合わせた使い方ができるようにしようということで施行令が改正された。そこから子どもだけのためだった公園が、地域の人々のための公園になった。それによって防災公園になったり、ヒートアイランド現象を抑えるための緑地になったりしているし、最近では公園の中にカフェを営業していいことにもなった」と話す。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア