「合議の中で誰も問題視しなかった。見ていただければ分かってもらえる」 映画『バイバイ、ヴァンプ!』が同性愛者を差別との批判にエグゼクティブ・プロデューサー反論(20/02/17)

 人気の若手俳優たちが出演している『バイバイ、ヴァンプ!』(14日から公開)に批判が集まっている。


 同作は茨城県のとある高校が舞台。主人公の親友・吾郎が人影に襲われた翌日、女装した同性愛者になって出現。クラス中が大騒ぎとなり、街には“ヴァンパイアが出現している”との噂が流れたことから、主人公たちは“ヴァンパイアに噛まれたことで同性愛者になったのでは”と考え始める。実は永遠の命を持つヴァンパイアたちが数百年の時を経て新しい王国の建設を計画。その計画にこの街を選んでいた…。というあらすじで、“青春×ホラー×ちょっぴりコメディ映画”だと謳っている。


 公開に合わせ、男性でも女性でもないXジェンダーを表明している高校生が署名活動をChange.org上で展開、7000人を超える賛同が集まっている。発起人の高校生は、映画を見た上で「同性愛は“快楽”に溺れているだけで“愛はない”という表現があった」「“あいつ、俺のお尻狙っているかも”など、人前で性的接触を行うような認識」「“でも、ホモになるんだぜ”という差別的なセリフがあった」と指摘、公開停止を求めている。


 17日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、大阪の劇場で舞台挨拶を行なった直後のエグゼクティブ・プロデューサーの吉本暁弘氏、そして作品を鑑賞したオープンリーゲイで「fair」代表理事の松岡宗嗣氏を招き議論した。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア