逃げる男性、高い未婚率、困難な就職…15歳で母親になった少女が訴え「同じ立場の人の助けになれたら」(20/02/18)

 愛知県に住む幸希くん(2)。面倒を見るのは、お姉さん、ではなく、母親の横井桃花さん(17)だ。中学3年生だった15歳の時、妊娠・出産した。相手は交際していた同級生だった。


 「不安だらけで、妊娠したらどうなるのか、携帯でめちゃくちゃ調べた。相談窓口に電話するのも、病院に行くのも怖くて、1人でずっと抱えていた。でも、お腹が動くと愛情が出てくる。私の母は離婚していて家庭が暗かったし、自分が子どもを産むことで家庭が明るくなると思う、頑張って産んで、ちゃんと育てて、責任を取りたかった」。母・浩子さんは「お風呂に入った時、(お腹が大きくて)ん?と思ったけど、まさか…ということで、何も考えられなかった」。


 さらに出産1か月前には、子どもの親である同級生から、LINEなどがブロックされ、連絡が取れなくなってしまったという。「“自分の子どもじゃない”と言われてしまった」。それから2年、連絡が来たことは一度もない。「自宅も変わっていないようなので、学校に聞けば連絡先は教えてもらえると思う。でも、関係を持っているのが嫌という感情もある。母からも、会うのも、子どもを見せるのもダメだと言われていた。最初はそれを受け入れられなかったけど、出産と同時に本当にやめて欲しいと言われたので、そのまま連絡が取れないような形にした。やっぱり生活は大変だし、養育費が欲しいなという気持ちはある」。


続きをAbemaビデオで視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア