田代まさし被告に判決 繰り返される薬物での再犯…防止に必要なのは刑罰か治療か(20/03/03)

 覚せい剤を所持し、使用したなどの罪に問われていた田代まさし被告(63)に対し、仙台地裁は4日、懲役2年6カ月、このうち6カ月について2年間執行を猶予して保護観察を付ける有罪判決を言い渡した。そして同日、2018年4月に自宅マンションで覚せい剤を所持していたなどとして逮捕された歌手の槇原敬之容疑者が勾留期限を迎え、起訴された。


 2人はいずれも再犯。近年、薬物をめぐって相次ぐ有名人の逮捕に、「日本は違法薬物に対する罪が軽すぎる」「牢屋にぶち込んでもヤク中は克服できない」「厳罰化を訴えている人は冷静になって。タバコ依存者も刑務所で解決するのか」「新しい薬物依存者を増やさないことが重要。それには厳罰化が必要」等、厳罰化を求める厳しい意見は根強い。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア