新型コロナウイルスに「S型」「L型」の2タイプ? 「人間界に広く定着していくのではないか」(20/03/06)

中国の研究チームが6日、新型コロナウイルスにS型とL型の2タイプがあることが分かったと発表した。S型は全体の30%を、それが変異したL型が全体の約70%を占めるといい、後者は武漢での流行期に多く確認されたものだという。


 感染症に詳しいナビタスクリニック理事長の久住英二医師は「ウイルスというものはどんどん変異する。そして、より人間に感染しやすくなったものが選択されて残っているということであって、S型の中にもL型の中にも様々なバリエーションがあるはずだ。今はL型が増えていて、感染力も強いと言われているが、それは症状が軽いからうつりやすいということだ。今回の新型コロナウイルスは重症化しやすい年齢の方々でも感染した人の半分以上は症状が出ないという。そういう人が気づかずに出歩くからうつる」と話す。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア