“リーマンショック級”の経済危機? 高橋洋一氏「消費増税は失敗した。軽減税率を全品目に適用し8%に戻すしかない」(20/03/09)

 日経平均株価が1年3カ月ぶりに1万9000円を割り込み、為替相場では円が101円半ばまで急騰。さらに原油安も相まって、まさにトリプルパンチの日本経済。新型コロナウイルスの感染拡大による自粛ムードの影響が懸念される中、ネット上には「日経平均暴落。終わりの始まりか?」「来たな。リーマンショック級」と、景気のさらなる後退を嘆く声が後を絶たない。


 9日のAbemaTV『AbemaPrime』出演した元財務官僚で嘉悦大学の高橋洋一教授は「日本の景気が悪くなっている要因にはコロナの影響もあるが、それ以前の昨年10月に消費増税をやったことで、10〜12月期のGDPの伸びが年率換算でマイナス7.1%という、結構大きな数字になっている。これもリーマンショックの次くらいに大きく、東日本大震災の時よりも悪い。この悪い流れの中、1〜3月期にはコロナの影響が入ってくる。弱り目に祟り目という感じで、まさに“リーマンショック級”になっていると思える。そこでみんながパニックに陥り、株価が非常に乱高下することを予想している。そういう不安を表す恐怖指数というものがあるが、ここ10年間の中でリーマンショック時の次くらいにきつく、日本に関してはリーマンショック以上になっている」と話す。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア