「現場はギリギリ、無駄にできる医療資源はないと思った方がいい」新型コロナウイルス感染拡大で“医療崩壊”は防げるか(20/03/12)

 WHOが「パンデミックにあたる」との見解を示す中、避けなければならないのが国内の医療体制の崩壊だ。日本全国にある「感染症指定医療機関」の病床数は、今のところ5373床となっている。


 12日のAbemaTV『AbemaPrime』に出演した、厚生労働省で医療政策に携わった経験もある坂元晴香・東京大学大学院特任研究員は「今、日本の対策の中心の一つが、ハイリスクと呼ばれる方々の重症化をいかに予防できるかという点だ。その意味でも、医療崩壊を防ぐということが非常に重要だと思う」と話す。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア