「背景の解明、極めて不十分」植松聖被告との接見を続けた篠田博之氏(20/03/16)

 45人もの死傷者を出した相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」の事件から4年。横浜地裁は16日、「完全責任能力があった」「死刑をもって臨むほかない」として、植松聖被告に死刑判決を言い渡した。


 公判で植松被告は一貫して「障害者は不幸を作る」などと主張。後悔や償いの言葉を口にすることはなかった。先週金曜日の判決を前した接見でも「意思疎通がとれない人は家族を不幸にしているから安楽死すべきで、自分のやったことは死刑に値しない」「どんな判決でも控訴しない」と語っていたという。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア