「“一緒に遊んじゃダメ”と陰口を叩かれた」障害者家族の苦悩…やまゆり園事件から考える「実名報道」の意義とは(20/03/16)

 16日、神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で45人を殺傷した植松聖被告に対し、横浜地裁は死刑判決を言い渡した。


 入所者19人が亡くなり、26人が怪我を負った事件から4年。しかし昨年、知的障害者の家族を対象にした全国アンケートでは、「(事件に関する)社会の関心が薄れている」76%、「事件は風化し、結局何も変わらなかった」31%という結果も出ている。そこで重要になってくるのが、メディアが報道を続けることの意味だ。


続きをAbemaビデオで 視聴する

AbemaTIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア