“赤い方程式”で着々と覇権を狙う?新型コロナウイルスをめぐる米中対立は中国が勝利?(20/04/21)

 「早い時期に武漢の研究所を見たいと言ったが、中国は拒否した。問題があることが分かっていて見せたくなかったのだろう。ウイルスが手に負えなくなった上の過失なのか。それとも故意なのか」。トランプ大統領は新型コロナウイルスのルーツにいついて、当初からいわれてきた武漢の海鮮市場ではなく、武漢のウイルス研究所から広まった可能性を示唆した。


 14日付の『ワシントンポスト』は、この研究所について「最も危険度の高い病原菌も扱えるバイオセーフティレベル(BSL)4の施設だ。コウモリ由来のコロナウイルスの研究をしていたが、安全対策が不十分だった」と報道。またフランスなどのメディアは、ノーベル生理学・医学賞受賞者・リュック・モンタニエ博士が「新型コロナウイルスは人工的に作られたものだ」と主張したと報じている。


続きをABEMAビデオで 視聴する

ABEMA TIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア