乙武洋匡氏が政治家の“抽象的な表現”に違和感「注目すべき数値は何なのか。それがどこまで来れば危険で、どこまで下がれば緩めて良いのか」(20/04/29)

 多くの企業が倒産や収入減の打撃を受けて苦しむ中、世界では規制を緩和し、経済再開へと舵を切る動きが始まっている。一方、6日に緊急事態宣言の期限を迎える日本では、都道府県知事が政府に延長を要請、自粛継続の流れが加速している。


 29日夜の『ABEMA Prime』に出演した作家の乙武洋匡氏は「感染者数が100人を割り込んだかどうかで一喜一憂しすぎない方がいいと思うし、総理の“依然として厳しい状況”や小池都知事の“感染爆発の危険”など、数値や指標を出さずに抽象的な表現に終始されると、私たちは判断ができない。注目すべき数値は何なのか。それがどこまで来れば危険で、どこまで下がれば緩めて良いのか」と疑問を呈する。


続きをABEMAビデオで 視聴する

ABEMA TIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア