聞き慣れない検査や給付金の“申請代行“の勧誘も…新型コロナウイルスに乗じた詐欺の数々(20/05/05)

 「コロナ感染予防協会です。順番待ちでなかなか受けられないPCR検査に代わって、もっと大事な検査を受けられる人をランダムに選んで電話をしています。あなたは幸運ですよ」。


 先月、とある男性のもとにかかってきた1本の電話。男の声が勧めてきた検査は、この世に存在しない“抗体強化検査”なるもの。「予約金が5万5000円かかると言われた。ただそれは検査後にすぐお返しするんですけどね、と」。


 今、新型コロナウイルスコロナウイルス感染拡大の不安につけ込んだ悪質な勧誘やアポ電、詐欺行為などの消費者トラブルが急増しており、国民生活センターに寄せられた相談件数はこの4カ月で2万件を超えているのだ。


 元埼玉県警捜査一課デジタル捜査班の佐々木成三氏は「ハガキ・封筒だけでなく、SNS、メール、電話と、色んな通信手段を使って詐欺が横行している。今は在宅率が高いため、ウェブサイトから誘導されてフィッシング詐欺に引っかかるケースも多発している」と話す。


続きをABEMAビデオで 視聴する

ABEMA TIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア