夏フェスの季節を前にコロナで苦境に立つライブ・エンタメ、再開の見通しは? 海外では“ドライブイン”の試みも(20/05/13)

 多くの産業が新型コロナウイルスによって苦しむ中、開催中止を余儀なくされているのがライブ・エンタメ領域だ。アーティストと観客が一緒に盛り上がる、いわば“密”であることがその魅力。しかしこれが仇となり、5月までに中止となった公演は約15万3000本、ぴあ総研の調べでは業界の損失額は3000億円に達するともいわれている。


 そんなライブ・エンタメの花形が、夏に開催がピークを迎える音楽フェスだ。13日の『ABEMA Prime』では、音楽ジャーナリストでロックフェス「VIVA LA ROCK」プロデューサーの鹿野淳氏に話を聞いた。


続きをABEMAビデオで 視聴する

ABEMA TIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア