三浦春馬さんの死去をめぐりWHOのガイドラインに準拠しない報道が続々…メディアの伝え方はどうあるべきなのか(20/07/20)


 多くの人に衝撃を与えた俳優・三浦春馬さんの訃報。SNSも含むメディアは関連報道一色になっており、2日が経った20日も、テレビの情報番組やネットメディアが様々な形で取り上げ続けている。


 こうした状況に対し、WHOが作成した、自殺の連鎖を防ぐための報道の在り方を示したガイドラインを遵守すべきだとの指摘が相次いでいる。ガイドラインでは、「自殺に用いた手段について明確に表現しないこと」「センセーショナルな見出しを使わないこと」などからなる“やってはいけないこと”、そして、「支援策や相談先について正しい情報を提供する」などからなる“やるべきこと”を明記しているが、これらに沿った報じ方をしていない報道機関が少なくないからだ。


続きをABEMAビデオで 視聴する

ABEMA TIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア