3000万円を費やした女性も…日本には占いの“沼”にハマりやすい土壌がある?(20/07/27)

 時に借金までして占いを頼り、トータルで3000万円近くを費やしてきたという大崎智代子さん(47)。成人式の帰りに占いに行ったのを機に、週に1回のペースで通うようになったという。仕事が多忙になり、人生に悩むようになった24歳ごろからは、毎晩「電話占い」をするようになる。料金は当時1分あたり100~300円程度、24時間の対応が可能だったころから、何かあるたびに「酸素ボンベのように」電話をかけていたという。


続きをABEMAビデオで 視聴する

ABEMA TIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア