「振りかざした正義感が誰かを傷つけてしまうかもしれない」“自粛警察YouTuber”の令和タケちゃんにEXITが迫る(20/07/30)

 休業自粛要請に応じない店舗に「休業しろ」という張り紙をしたり、窓を割ったり。外出自粛要請に応じていないとみなし、県外ナンバーの車をネットに晒したり。そんな“自粛警察”は、どのような思いで過激な言動に出ているのだろうか。


 『ABEMA Prime』の取材に応じたのは、元自衛官の“自粛警察”、令和タケちゃん。スーツ姿に腕に“防犯”という腕章をつけて待ち合わせ場所に現れると、路上喫煙者に注意を促しつつ、「家に帰れ、家に!おい、小池都知事の言うことを聞けよ!コラ!子どもたちは遊びに行くのは我慢している最中堂々とパチンコをうちに行く。おかしいだろうが!」と、パチンコ店の利用者に強い口調で迫っていた。


続きをABEMAビデオで 視聴する

ABEMA TIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア