憶測や陰謀論がはびこってしまう背景も… 大規模爆発によってレバノンにロシアや中国も進出か(20/08/05)

 多くの死傷者を出したレバノンの首都ベイルートで起きた爆発事故。約5km離れた日産自動車前会長・カルロス・ゴーン被告の自宅も被害を受け、窓や門が壊れたという。


 5日の『ABEMA Prime』に出演した中東政治に詳しい青山弘之・東京外国語大学教授は「ベイルートには西側と東側にメインの街区があるが、現場周辺は車で通り過ぎる場所だ。市民があまり近寄るような場所ではないし、特に港湾施設には入らない。非常に大きな爆発だったので民間施設や居住地への被害も大きかったが、距離が離れていたのは不幸中の幸いだったかもしれない」と話す。


続きをABEMAビデオで 視聴する

ABEMA TIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア