手数料率30%は本当に高すぎるのか?“バイバス”回避禁止は厳しすぎるのか?フォートナイト対Apple・Google、独禁法の専門家に聞く(20/08/19)


 全世界に3億5000万人以上のユーザーを擁する人気ゲーム『フォートナイト』。今月13日、開発・運営元の米エピックゲームズがアプリストアへの手数料を支払わない新たな課金システムを導入したことから、Appleの「App Store」、さらにGoogleの「Google Play」がフォートナイトを削除。ユーザーがアプリをダウンロードすることができなくなってしまった。


 これまで『フォートナイト』は他社同様、AppleとGoogleのプラットフォームであるアプリストアを経由してアプリを配信。ユーザーがアプリ内で課金した場合の売り上げの30%をApple、Googleの規約に従って支払っていた。ところがエピックゲームズ社はこの仕組みをバイパス、通常よりも安い価格でアイテムを買うことのできる、独自の課金システムを導入したのだ。


続きをABEMAビデオで 視聴する

ABEMA TIMESで 読む

報道リアリティーショー #アベプラ | ABEMA Prime

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディア